自動車保険を安くする方法は?自動車保険比較ネット

あなたの自動車保険はいくら?最大20社からの無料で一括見積もり!!

自動車保険比較ネット トップページ > 自動車保険を安くする方法

自動車保険を安くする方法

安くなる方法
自動車保険料を少しでも安くと考えている貴方。どうすれば安くなるか知っていますか?
安くするには色々な方法があります。ここではたくさんある中のオススメ7つの方法をご紹介します。
ただし、7つ以外にも安くなる方法があるので、簡単にご紹介します。
 
■早期契約割引!
これは、保険の更新日の1ヶ月前くらいに契約をすると、割り引かれるものです。
 
■保険料の支払いはなるべく一括で!
カードで一括か分割か選べますが、一括のほうがお得です。総支払額が約5%ほどかわってくるので、あなどれません。
 
■自動車事故を起こさない!
等級制度をご存知ですか?これを見る限り、事故を起こさなければ、どんどん割引率が高くなります。まずは無事故を目指して運転しましょう。
 
上記で紹介したものは、一例です。他にもいろいろな視点から安くなる方法がありますので、ぜひ参考にしてください。

運転者の限定
運転する方の範囲を、記名被保険者とその家族に限定することで、保険料が割引されます。運転する方の範囲が狭いほど保険料が割引になります。

運転者の限定

被保険自動車保険の使用目的
車の使用目的は主に「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」の3使用区分で分けられています。車の使用目的によって当然リスクが違ってきますので、リスクが低ければ保険料を安く抑えることができるというわけです。

運転者の限定

安全装置
クルマの安全性が高まれば、事故率も減少し、ドライバーや搭乗者の死傷率も低くなるはずです。そこで、そうした安全装置に対する割引制度を導入し、「安全な車の保険料を安くする」というのが一般的になっています。

安全装置

運転者年齢条件
自動車保険料は運転者が若いほど高くなります。20歳以下の運転者が21歳以上になったときには、ぜひ21歳未満不担保をつけるようにしてください。

運転者年齢条件

車両保険の限定
車両保険の免責金額を大きくすることと、カバーできる範囲を狭くすることで保険料は安くできます。基本的には免責金額を大きくするほど、保険料が安くなります。また車両保険の種類によっても保険料が大きく変わってきます。

車両保険の限定

走行距離
年間の走行距離が少なければリスクも少なくなりますので、保険料は安くなります。保険の更新時には年間走行距離をチェックし、自分にあった走行距離のものを選びましょう。

走行距離

ゴールド免許
被保険自動車を主に運転する方の運転免許証の色(グリーン、ブルー、ゴールド)に応じてリスクを算出し、保険料が算出されるので、「優良ドライバー」とされるゴールド免許の方は自動車保険料が安くなります。

ゴールド免許

インターネット契約
一般的にインターネットを利用して契約した場合、インターネット割引が適用されます。インターネット割引は契約形態による割引と違い、インターネットで契約をするだけで割引されるのでとても簡単・便利です。

インターネット契約

安くなる方法
もちろん、これらを考慮して安くする方法もありますが、なんといっても重要なのは、一括見積もりをする事です。
それもそれぞれの会社に同じ条件で比較をします。
そうすることで、同じような保険でも年間でみたら数千円から最大数万円まで安くなることもあります。
 
何年も支払うとなると、かなり大きく金額に差が出てきます。後悔するまえに、徹底的に比較をして、賢い保険を選びましょう。
またわからないことがあれば、保険会社に問い合わせ、納得できるまで、しっかりと説明をしてもらってから契約をしましょう。
ただ比較をすればいいというだけではなく、比較し、自分にあった保険なのかを見極める必要があります。

あなたの車のメーカーをお選びください。

車種を選択


ページの先頭へ