車両保険の見積もり&比較

あなたの自動車保険はいくら?最大20社からの無料で一括見積もり!!

車両保険

車両保険

車両保険イメージ 車両保険は、保険がかけられている自動車が事故をしてしまった場合や、車の盗難があった場合に適用される保険になります。
 
車両保険の補償範囲は、基本的にプランによって変わってきます。以下は、選ぶ事が出来る補償範囲の内容になります。
・他社との接触をした場合
・盗難や落書きをされてしまった場合
・自然災害による被害
・自損事故
・当て逃げ
車両保険の設定金額は、対人や、対物の保険と違って自ら決める事は出来ません。基本的には、その被保険車両の時価の金額になります。当初200万円で購入した金額も時間と共に金額は老朽化してきます。その時に時価も安くなりますので、その分保険金額も下がります。


チェックポイント1

車両保険には、下記にような被保険自動車に付属品があることをご存知ですか?
そもそも付属品とは、被保険自動車に定着または装着しているもの、また法令等に従い備え付けられているものをいいます。
ただし洗車用品やクッションなどは除外品です。
該当するものの例として、エアコンやステレオなどが該当します。
また契約時に自動車電話も記載すれば付属品に含まれます。
しっかり確認して、把握しておきましょう。



チェックポイント2

損害保険金の額についてご紹介します。まず全損の場合と分損の場合で金額が異なります。
【全損の場合】
下記のようなケースが当てはまります。
■修理費が保険価額を超える
■被保険自動車を修理できない
■盗難され発見されなかった場合
【分損の場合】
保険価額が保険金額未満と保険金額以上で異なります。
保険金額>保険価額のとき・・・損害額−保険証券記載の免責金額
保険金額<=保険価額のとき・・・(損害額−保険証券記載の免責金額)×(保険金額/保険価額)
詳細は保険会社にてお問い合わせくださいませ。


あなたの車のメーカーをお選びください。

車種を選択


ページの先頭へ