対物賠償保険の見積もり&比較

あなたの自動車保険はいくら?最大20社からの無料で一括見積もり!!

対物賠償保険

対物賠償保険

対物イメージ 対物賠償保険は、保険がかけられている自動車で事故を起こしてしまい、公共物や、他人の車や、物などを破損、破壊、損害を与えてしまった場合に法律上の損害賠償に対して支払われる保険になります。
 
対物賠償保険の補償範囲は基本的に事故の相手が他人の物や財産の場合のみに適用されます。具体的には
・記名被保険者の物や財産
・記名被保険者の配偶者、父母、子の物や財産
・記名被保険者の配偶者の同居の親族の物や財産
・記名被保険者、またはその配偶者の別居の未婚の子の物や財産
・許諾被保険者の物や財産
・記名被保険者の雇い主の物や財産
・被保険自動車を運転中の人と、その配偶者、父母、子供の物や財産
上記に当てはまる場合は、保険の適用にはなりませんので、ご注意下さい。

保険金額の計算方法は、その事故に対しての過失の割合で変わってきます。また、対人の時とは違い自賠責の適用がありませんので、ご注意ください。
■計算式
被害者の損害額
×
過失割合

対人賠償保険金となります。
■例
被害者の損害額500万円
×
過失割合70%

350万円が対人賠償保険金となり、 150万円が実質負担となります。


チェックポイント1

対物賠償保険でいう他人も、対人賠償保険でいう他人と同じものになります。
対物賠償保険の他人というのは、家族が該当しません。
例えばの話しですが、家族のものを壊してしまった場合、一般的に損害賠償は適切でないとされてます。
そのため、保険金の支払いが除外されます。



チェックポイント2

以下のような理由により、生じた損害は保険料が支払われない場合があるで、しっかりと確認しておきましょう。
■保険契約者や被保険者による故意
■戦争や暴動、津波や地震
■仕上不良による故障
■被保険者の下請負人が管理している間に発生した場合
他にもいくつか支払われない場合がありますので、保険会社にちゃんと確認しておきましょう。
どんな場合が適用され、どんな場合は例外になるのかを把握しておく必要があります。
わからないことがあれば、保険会社に問い合わせ、納得いくまで説明してもらいましょう。


あなたの車のメーカーをお選びください。

車種を選択


ページの先頭へ