自動車保険の等級はどうなっている?

あなたの自動車保険はいくら?最大20社からの無料で一括見積もり!!

等級についての知識

等級についての知識

自動車保険は、等級別料率制度という制度を用いており、事故回数から、年齢等、年間走行距離数などを加味して毎年の保険料金の値段をそのドライバーに合った金額を設定するといったシステムです。
 
事故を起こし保険を使うと、1事故につき3等級下がり、保険料がアップします。
万が一事故を起こしてしまった場合、損害の負担額がごくわずかであれば、保険を使わずに自腹を切ったほうが、保険料との兼ね合いから長期的に見ると安上がりとなる場合もあります。
 
また、この等級は契約更新時などで保険会社を変える際にも、それまでの等級が引き継がれます。


保険料割引率

自動車保険にはノンフリート等級という制度があります。あまり聞きなれないかもしれませんが、この制度は上記でも説明したとおり、今までに起こした事故の回数や、内容などによって自動車保険が割引する制度になっています。
会社によって異なりますが、1〜20までの等級があり、新規に加入した際は、「6」からのスタートになります。
それから一年、無事故であれば1つ等級があがるというシステムになっています。ただし、事故を起こしてしまうと、3つ下がることになり、保険料も高くなりますので安全運転を心がけましょう。
割引率  

親子間では引継ぎ可能?

新規加入の際は、「6」からスタートですが、例えば、親名義の自動車の保険があるとします。その後結婚などで子供が乗る場合、新しく保険を契約する際、親の等級が良い場合、引き継ぎたい!と思いますよね?
残念ながら、例外をのぞいては、親子間でのノンフリート等級の引継ぎは行えません。その為「6」からスタートとなります。
しかし、例外もあります。配偶者間の契約名義変更や、同居の親子間などが該当します。個人事業主契約を法人契約に変える場合も対象になるようなので、それぞれの会社に詳しく聞いたほうが良いでしょう。
 

等級プロテクト特約

等級プロテクト特約をご存知でしょうか?普通は、一度事故を起こしてしまうと3つ下がる制度になっていて、保険料も高くなり、事故を起こす前に戻すまで、3年もかかります。
ただし、等級プロテクト特約をつけておけば、一度だけ、保険金を使っても割引率も下がらず、保険料もそのままです。
保険料を高くしないための有効な特約です。ぜひ参考にしてください。
 

保険会社を変更した場合

保険会社を変更した場合、等級は引き継がれるのか、気になるところではあります。無事故で、20等級まであがっている人にとっては、また6からスタートと思うと、変更する気になれません。
しかし安心してください。保険会社を変更した場合でも、等級を引き継ぐことが可能です。
その為、20等級とは反対に、事故を起こしてしまい、6からスタートしたいと思っても、基本的にはそのまま引き継がれます。
等級というのは、それほど重要なものなので、下がることなく、20等級により近くなるよう安全運転しましょう。
 

 
ノンフリート等級制度や、等級プロテクト特約など、聞くだけだと案外難しそうなイメージがありますが、中身は運転する人にとってとても便利で良心的なサービスです。
誰も事故を起こすつもりで運転しているわけではありませんが、人が運転するものなので、どこでミスをするかわかりません。
安全運転を心がけていれば、いつの間にか20等級に近づいていると思うかもしれません。
等級についてしっかり理解した上で、保険会社を比較検討していきましょう。


あなたの車のメーカーをお選びください。

車種を選択


ページの先頭へ